不動産会社のしくみ

不動産会社のしくみをご紹介します。

「不動産流通機構(レインズ)」や「仲介」とは?

不動産用語でよく「不動産流通機構(レインズ)」や「仲介」との言葉が使われますが、一般の方にはあまりなじみのない言葉かもしれません。
しかし、この言葉の意味をしっかりとご理解いただくことが、不動産会社に物件の売却や購入を依頼する際の重要なポイントとなります。
下の図は、不動産の「仲介」の仕組みのイメージです。
「仲介」の仕組みを支える「不動産流通機構(レインズ)」にとはどのようなものかを解説します。

全てをひとつの場所で

不動産の「仲介」とは

不動産売買の流れ

不動産売買の流れ

不動産の「仲介」とは、一般の品物の流れとはまったく性質が異なります。
「仲介」では、不動産会社は物件を仕入れることなく、売主から買主へ物件を受け渡すお手伝いをします。
また、取引成立後にその報酬として売主や買主、あるいはその両方から法律で定められた範囲内の仲介手数料を受領します。

不動産を買うとき

不動産を買うとき

不動産会社がいつも買主の希望に合った売主や物件情報を知っているわけではありません。そんなときは日本中の不動産会社が売却依頼を受けた物件を登録している「不動産流通機構(レインズ)」というシステムを利用し、買主の希望に合った物件情報を見つけ出して紹介するのです。

不動産を売るとき

不動産を売るとき

不動産会社が売主と不動産売却の媒介契約を結んだ際には、依頼を受けた不動産が早く売れるように、物件情報をレインズに登録することを国土交通大臣は義務づけています。多くの不動産会社で情報を共有することにより、全国から物件の買主を探すことが出来ます。

このように物件を売るときや買うときの不動産仲介取引では、不動産業者専用の情報システムであるレインズを中心に行われます。だからこそ不動産売買を成功させるためには、レインズを徹底的に活用するのがベストな方法だといえます。

レインズを徹底的に活用

- Futurへのお問い合わせ -

営業時間 9:00〜18:00

055-225-3557

物件のお問い合わせや売却・相続のご相談など、
お気軽にお問い合わせください。