物件の買い方

各種物件の不動産売却を甲府市でお手伝いしています

入居するまでの流れと、各段階でかかる費用や準備する書類などのポイントを紹介します。

STEP1購入計画・情報収集
現在のお住まいで改善したい点、新居の夢や希望、暮らし方などをご家族でじっくり話し合い、購入の目的や条件を整理しましょう。 ご自身のイメージが明確なほど、購入計画はスムーズに進みます。
購入計画・情報収集
STEP2購入相談
ある程度条件がイメージできたら、不動産会社に相談してみましょう。お客様に最適な物件情報やスケジュールの提案を受けましょう。
購入相談
STEP3資金計画
不動産購入には物件の価格以外にも、仲介手数料や登記費用等の諸経費がかかります。また、引越し費用なども見込んでおく必要があります。物件価格と諸経費を合わせた総額について、資金計画を立てましょう。
資金計画
STEP4物件紹介・現地見学
エリアや種別、予算の目安が決まったら、いよいよ具体的に物件を探します。希望に近い物件が見つかったら、実際に見学してみましょう。
物件紹介・現地見学
STEP5購入申込み~売買契約の締結
購入したい物件が決まったら、「購入申込み」を行います。売主様と契約条件を調整・確認し、その後、売買契約の流れとなります。
売買契約に先立って「重要事項説明」を宅地建物取引士から受けます。重要事項説明書の内容を十分に理解した上で契約に臨みましょう。
ご契約後の住宅ローン申込み手続き
STEP6ご契約後の住宅ローン申込み手続き
住宅ローンを利用される方は、売買契約後に金融機関に借入れの申込みを行います。ローンにはさまざまな商品がありますので、不明な点は営業担当者に相談しましょう。
pixta_75991533_M_R
STEP7残代金決済・引渡し
ローン承認がおりたら、いよいよ残代金を支払い、物件の引渡しを受けます。売主様と調整し、残代金決済日を決めます。
残代金決済・引渡し
STEP8引渡し・入居
いよいよ待望の入居です!
引越し前後に、役所・学校などへの届け出が必要です。運転免許の書き換えなど、細かい手続きもお忘れなく。しっかりチェックして漏れをなくしましょう。
引渡し・入居

マイホームの購入を考え始めたら

選び方のコツ

友達や同僚がマイホームを購入した、という話を聞いて「私たちもそろそろ」と考え始める方、多いですよね。
でも、いざマイホーム購入を考え始めると何から考えればいいか迷ってしまいませんか?

  • マンションが良いのか戸建てが良いのか分からない!
  • もう少し会社に近いエリアに住みたいけれどどの駅がいいかな?
  • 新築と中古だったら新築の方がいいのかな?中古の良さって何?
  • モデルルームを見に行って気に入ったけれど、本当に私たちが買える金額なのか不安
  • 転勤があるかもしれないから、買うタイミングが分からない…

他にも頭の中にいろいろな疑問や迷いが出てきてしまいますよね。 Futurではご家族それぞれの要望、事情を伺って一緒に方向性を決めていきますが、進め方のポイントを少しご紹介します。

希望・要望の3大要素とは?

  • 01【建物】戸建てかマンションか、新築か中古か、建売か注文住宅か等
  • 02【エリア】沿線や駅、駅からの距離、バス利用の可否等
  • 03【予算】自己資金、住宅ローン、諸費用、家具・家電等

この3要素のバランスを見ながら、条件を絞ったり広げたり変えたりしていくのですが、まず③【予算】を固めることで他の【建物】【エリア】の条件を絞りやすくなります。例えば、予算が5000万円に決まったら、ご希望のエリアでは戸建よりもマンションの方が多いですね。新築よりも中古のほうが流通している物件が多いですよ。などのご紹介ができます。また、徒歩10分だと物件が絞られますが、15分まで広げれば物件がこれだけ増えますよ。というご紹介が可能です。


また「物件を見るうちにどんどん予算が吊り上がり、困ってしまい相談に来ました」というお客様も多くいらっしゃいます。お話を伺うと予算の根拠が曖昧な方が多く、しっかりと予算設定をすると、そこから検討がブレることなく進んでいくケースが多いですから、予算はぜひ早い段階で決めましょう。

物件選びをスタートしたら

条件を整理しましょう

多くの方が「子どもの学区は変えたくない」「なるべく月々の返済を抑えたい」と思うのではないでしょうか。潤沢な予算があれば、すべての条件を満たせるかもしれませんが、多くの場合は限られた予算で検討しなければなりません。そこで今回は希望条件を整理する方法を考えていきましょう。
まずは思いつくまま希望を挙げてみましょう。
その中から「絶対に外せない条件」を決めて、次に希望条件に優先順位をつける方法がおすすめです。例えば、「子どもの小学校の学区を変えたくない」などは絶対に外せない条件としてよく挙がります。幅を持って検討できる条件は「駅から10分以内が理想だが、15分まででも良い」「築10年以内が良いが、状態が良ければ築20年でも良い」「3LDKが理想だが、2LDKでも広ければ良い」などです。それらに優先順位をつけましょう。

条件を整理しましょう

choice_03

また、条件とした項目が「本当に重要か」を立ち返って考えることも大切です。
ここまで希望条件の整理についてお話しましたが、自分たちだけでは整理できない。考え方があっているのか不安になる。という方も多くいらっしゃいます。また希望は整理できたのに良い物件が見つからないというお話も伺います。
そのような時にはぜひFuturにご相談ください。第三者の立場でご家族の希望を伺い、条件整理をお手伝いします。