契約の種類

TYPE OF CONTRACT

売却を不動産会社に依頼する場合、売主様と不動産会社が「媒介契約」を結ぶことになります。
この媒介契約によって、不動産会社は売主様のご依頼を正式にお受けしたことになります。

専属専任媒介契約

メリット
  • 依頼先が1社のみなので、不動産会社も熱心になる。
  • 窓口が一つなので管理(把握)しやすい。
デメリット
  • 1社しか依頼できないため、業者の力に依存する傾向がある。
媒介契約締結後5日以内
レインズへ登録
不動産会社から売主様へ
1週間に1回以上販売状況を報告
売主様の自己発見取引は不可

専任媒介契約

メリット
  • 依頼先が1社のみなので、不動産会社も熱心になる。
  • 窓口が一つなので管理(把握)しやすい。
デメリット
  • 1社しか依頼できないため、業者の力に依存する傾向がある。
媒介契約締結後7日以内
レインズへ登録
不動産会社から売主様へ
2週間に1回以上販売状況を報告
売主様の自己発見取引は可能

一般媒介契約

メリット
  • 複数の不動産会社に依頼ができる。
  • 広い地域に情報を発信できる。
デメリット
  • 不動産会社が複数いるので、各社の営業に力が入らない。
  • 複数の会社から連絡が来るため管理(把握)しずらい。
レインズへの登録は売主の任意
不動産会社から報告義務なし
売主様の自己発見取引は可能

- Futurへのお問い合わせ -

営業時間 9:00〜18:00

055-225-3557

物件のお問い合わせや売却・相続のご相談など、
お気軽にお問い合わせください。